面白い話まとめ
「生命は海から誕生した」←いや、隕石に付着してた微生物じゃね? 「よくこんな設定おもいついたなぁ」って作品
最近の若者(20歳以下男女)のカラオケ人気曲ランキングwwwwwww 今考えると何が面白かったのかサッパリわからないオモチャ
『ジャンヌ・ダルク』とは何だったの?なぜ田舎娘が歴史を変え、魔女として火刑で死んでいったの? なぜ日本人は社会が悪いとは思わないの?
給料関係なしに本気で憧れる職業は? ダンデライオン=たんぽぽ みたいな言葉教えてくれ
UMAってなんかワクワクするよなwww 超最強に凄い・笑える・癒し画像スレ『癒しの動物画像』
アニメにおいて絶対やってはいけないこと ってなんだと思う? アンパンマンって、一切話し合いせず無予告の武力行使が正義って事になってるよね
「生命は海から誕生した」←いや、隕石に付着してた微生物じゃね?
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 12:55:36.62 ID:wMx4WRFJO
原始の海は色んな物質が混ざり合ったスープって言われてるけど
じゃあ分量揃えれば単細胞生物を作れるってこと?
海


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 12:56:06.40 ID:1eM2L9Ub0
うん



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 12:56:20.38 ID:CZ42+09k0
何らかのエネルギーが加わったのだ



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 12:57:40.02 ID:gtZcDg9H0
昆虫は宇宙から来た説あるよね



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 12:57:49.73 ID:wIuVnj6j0
隕石は宇宙空間にある
宇宙空間は、空気もなく、絶対零度近い温度だったり太陽から放射線が大量に降り注ぐキチガイな世界

そんなところに微生物なんて付着するはずないだろ



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:00:55.67 ID:atCJYMaRP
>>8
なんか休眠状態なら不死身なやついなかったっけ?



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:01:42.14 ID:gtZcDg9H0
>>16
クマムシだっけ

クマムシ
生物に関する面白い話を語ろうぜ




27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:03:57.62 ID:atCJYMaRP
>>19
それそれ
地球ですらそんなんいるんだか宇宙のどこかにいてもおかしくないだろ



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:39:48.89 ID:7eSybj300
>>27
クマムシが生命の源っていう話は聞いたことないんだが
その最強の微生物とやらはもう地球から引っ越ししたのか?



118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:54:07.00 ID:0LjBC6akP
>>97
よく勘違いされてるがクマムシは条件整えてうまく超冬眠みたいな状態に
もってけば確かに環境の変化に強くなるが、そうじゃないと普通に死ぬ

例えばガラスの上の水滴の中にクマムシが居ると
水が蒸発するときに渇きかけで湿ったところとかが出来ないので
そのまま死ぬ



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 12:57:54.86 ID:NFJ64Qow0
生命のスープから単細胞が産まれるとこまでは出来るらしいけど
どの段階で生命になるのかサッパリわからんって見たことある



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:01:26.85 ID:LzINLYp+0
その隕石についてたっていう生物はどっから来たんだよ
ただ問題を先送りにするようなグズの発想だは



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:02:45.04 ID:/Eyej0V00
>>17
他の惑星じゃないの?
それ以外ありえなくね?馬鹿なの?



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:03:43.00 ID:LzINLYp+0
>>24
その他の惑星の生物はどっから来たんだよボケ



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:05:24.78 ID:6siX24ES0
その隕石に就いてた微生物が海から生まれてないという根拠はどこにあんだよ



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:05:34.32 ID:6jGHzWWLP
宇宙から来た説はありとあらゆるものを宇宙のロマンに投げちゃった感がする



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:10:36.58 ID:EyF7/b/90
よく考えたら昔生物がいた星があってそれがちきゅうに偶然落下って
宇宙の広さ考えたら確率低すぎかな
でも昔は火星が今の地球の位置にあったというしそれならまだありそう、
火星に生命がいた可能性ってかなり高そう

海から微生物発生のが確率高いだろうが



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:10:45.97 ID:Sjy2rlJf0
宇宙人がインスタントの人間の素を投下したんだよ



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:11:36.77 ID:X2VucMBf0
>>45
俺は、宇宙人の宇宙船が原始地球に立ち寄った時に捨てた生ゴミから発生したと聞いたぞ



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:14:05.54 ID:GBi82bHn0
隕石についてた微生物にしても
それがどこで誕生したかが結局問題になる
生命の誕生条件って何?



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:30:04.37 ID:plrvICGX0
>>56
だいたい隕石飛来説って、海誕生よりももっと難易度たかいよな。

そもそも「どーやってその隕石に微生物がつくことが出来たんだ?」って話でw



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:16:30.76 ID:KoXRf7Wt0
宇宙から飛来した彗星雲由来の単純な構造のアミノ酸から
生命の素となる蛋白質が出来たという説はあるが
微生物が付着してるというのは論理の飛躍があるようだ



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:16:48.92 ID:qwR395+2O
そもそも昆虫みたいに単為生殖できない生物がそのまま宇宙から来ても繁殖できずに消えるだろ



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:19:19.16 ID:3nJQ2TEs0
宇宙でアミノ酸の元になった有機物が生まれ、
地球の海でそれが生物になったというのが一つの大きな学説
間違っても隕石に微生物が~なんて話はメジャーではない



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:19:58.66 ID:cF6ISdNk0
それより宇宙はどうやってできたんだよ
できる前が無なら何も起こらねーだろビッグバンてなんだよ



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:21:50.31 ID:ur7RcHuY0
人類が気づかないうちに今でも海では様々な生命の可能性が生まれては死んでいっているのです



75::2013/06/08(土) 13:24:05.97 ID:MDnkBJFb0
俺が生き物を作った
日本の神様をググらずに答えろ




80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:25:49.10 ID:NFxNuFBp0
>>75
うるせえチェーンソーくらわすぞ



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:24:52.98 ID:EyF7/b/90
地球ができて生命が誕生して生物が進化して
人間になって科学が発達して宇宙を認識して、自己の発生を考えるって

できすぎじゃね?ありえんのそんなこと?
地球だって奇跡的な確率で今の生物が生存できる形になってるときく。

そう考えるとこの世界はだれかが作ったものとかんがえたほうが納得できる
或いは、地球人の見識が狭いだけで意外といろんな形で
生命や人類みたいなのは発生してる星が腐るほどあるのかも



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:30:16.11 ID:E4VMhS/8O
なぜ一番最初の生命、おそらくたった一本のDNAが「増える」という道を選んだのか、
なぜ生物はみな増えたいという本能を持つのか、DNAを保存したがるのか…
これも大きな謎だよね



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:30:51.97 ID:X2VucMBf0
>>85
増える性質を持っていたものだけが増えただけだよ。



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:33:08.63 ID:zCnk5+lV0
>>85
ざっくりした話では、
全ては複合的な化学変化の結果。
増えたいと思うわけではなく、増えたやつが残ってるだけ

蝿や草や人間や・・・・
すべて、自分の意志で残っているわけではない
人間なんかだと、自我があるから
そういう発想になるだけだろ



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:33:29.61 ID:kSNLdFgx0
単なる粒子の集合体が意志を持つという謎
魂ってあると思うよ



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:37:57.50 ID:zCnk5+lV0
>>89
考える事ができるから、
飛躍的に生存しやすくなっただけだってば

PCは、人間の脳とは構成が違うけど
プログラムしてあげる事で多様な分岐が出来るだろ
非常に単純な動物的なものだよね

発想として、量子コンピュータが
人間の脳に近い動作をする予定だけど
まだまだ動物に近いものを創りだすのは時間がかかるよね



102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:43:42.57 ID:kSNLdFgx0
>>94
だからただの粒子なのになんで考えるのかって話よ
やったことないからわからんが、ある生き物と温度とか電気信号とかも全く同じ条件になるように
原子を結合させてその生き物と同じ形にしたとしても多分動いたりしないと思う



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:46:47.11 ID:LJO+4mVa0
>>102
もし今の俺と同じ粒子の形のものを
作り上げたとすると
作り上げたものには俺と同じ記憶を持ってるんだぜ?

経験していないのに



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:49:04.78 ID:kSNLdFgx0
>>106
いや俺は無理だと思うんだ
根拠はないけども



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:38:37.61 ID:Vw8iD/6WP
自我とは何をもって自我となるのか
感情と呼ばれるものは本当に人間だけのものなのか



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:41:39.77 ID:poirtLtr0
>>95
人間だけのものなわけないだろ…



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:41:41.29 ID:zCnk5+lV0
>>95
自我は、個としての認識じゃなかったっけ? 
感情は、定義がないんじゃね? 
とりま、ペットは感情があるよね



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:42:39.64 ID:E4VMhS/8O
>>95
心理学実験てよく動物使うんだぜ、学習性の絶望だとかまさに人間で言う鬱みたいなもんじゃん?
少なくとも行動を見るに、動物も感情はあるはず



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:48:54.25 ID:Vw8iD/6WP
>>101
サルに電撃加えてスイッチ押したら止めるやつなら知ってる

物質的条件さえ揃えば感情や知性は再現可能
でもその物質の配合条件が難しいから
生命誕生のプロセスは神聖視されている

こういうことか?



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:48:34.58 ID:fKEj6fsV0
いくつかのアミノ酸が一定の方法で結合しないと原初の生物は
生まれないそうなんだが、まずそのアミノ酸がそろっていたことと
うまくくっついたことが奇跡だよな。

昔読んだ本にアメリカの研究者たちが冗談まじりに話す例え話として
無生物状態から原初生物が誕生する確率は
「飛行機組み立て工場を巨大ハリケーンが直撃して
偶然、飛行機が組みあがってしまう確率と同じぐらいだ」だとよw

ともかくとほうもない偶然が重なり合わないと起こりえないことらしい。



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:52:42.42 ID:zCnk5+lV0
>>108
途方も無い時間が存在してるからな
アミノ酸だけが出来た時期もあって当たり前だよね

宇宙規模で見た場合、
地球上の環境変化なんてたいしたことないし
同じ環境下だから、同時に色んな物が一箇所に存在しても不思議ではないだろ



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:52:52.39 ID:Vw8iD/6WP
>>108
ありえないくらい低い確率を引くくらいの試行回数を試行した結果が
今の地球じゃねーの?



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:55:24.72 ID:fKEj6fsV0
>>117
まあ、そうだろうね。
それこそそっから考えたら、個々の俺らが生まれて、今こうして意識を持って
生きてる確率なんてもう奇跡どころの話じゃねーよな。



125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:57:34.96 ID:zCnk5+lV0
>>120
漫画の主人公が特殊なんじゃなく
特殊だから漫画の主人公になってるのと同じ

軌跡は途方も無い偶然の積み重ねだよね



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 13:55:25.87 ID:ieG37Clt0
犬とか牛とか魚でさえ血が赤い
血が赤い動物は人間の仲間だなぁって気持ちになる
草木は水とかと一緒であって当たり前なもの、身近に感じる
だけど虫だけにはすごい違和感
これってなんでだろう?



128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 14:00:09.35 ID:poirtLtr0
>>121
カブトガニの血は青色だよ
イカの血も青色だよ
後、そう思うのはお前の感覚がおかしいだけだよ



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 14:05:55.83 ID:Vw8iD/6WP
ヘモグロビン使ったら赤い
ヘモ二シアン使ったら青い

酸素の運搬効率はヘモグロビンの勝ちだったか



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 14:08:00.63 ID:LJO+4mVa0
>>134
カブトガニは青の癖に
カブトエビは赤なんだよなwwww
並べてみると、血液の色なんて不思議じゃなくなる


脊椎動物でも赤じゃない魚がいるしな



143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 14:11:23.87 ID:poirtLtr0
>>137
カブトエビの血が赤いのは知らなんだ
そういえば白い血の魚もいるんだっけ



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 14:12:41.43 ID:LJO+4mVa0
>>143
でもカブトエビはヘモグロビンじゃないよ



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 14:22:13.74 ID:poirtLtr0
>>145
赤血球の亜種みたいな物質使ってんだな
勉強になった



153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 14:22:37.19 ID:EyF7/b/90
虫って知性ないの?



156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 14:24:29.67 ID:X2VucMBf0
>>153
知性という言葉をどう捉えるかによる
ただ、昆虫は脊椎動物が後天的な学習を重視した知性を発達させたのと異なり
先天的に必要なプログラムを全部仕込んでおく傾向が強い
例えば、ウグイスは最初鳴くのが下手で、
他のウグイスが鳴くのを聞いて学習しなければホーホケキョができないが
蜘蛛はあの計算され尽くした巣を全く何の情報も得なくても作ることができる。



159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 14:28:06.76 ID:poirtLtr0
>>156
昆虫は天然の電子機械って感じがするな
蜂には計算能力があるらしいし



160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 14:28:16.70 ID:X2VucMBf0
>>156
学習しないとは言ってないよ



177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 14:50:45.06 ID:s5xD8PfcP
昆虫の脳は、脊椎動物と同様、ニューロンとよばれる神経細胞が集まってできています。
しかし、体が小さな昆虫は一般に脊椎動物に比べて脳が小さく、
例えばヒトの脳が1,000億個のニューロンでできているのに対し、
昆虫の脳を構成するニューロンは多くても100万個程度と言われています。
ニューロン数は脳の情報処理能力の大きさに比例します。
ニューロンの多いヒトの脳では、様々な感覚情報を
脳に集中させて大きな体を精密に動かすことができ、
運動の柔軟性や高い学習・記憶能力も併せ持っています。



178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 14:52:04.99 ID:s5xD8PfcP
一方、ニューロンの少ない昆虫の脳では、
ヒトのように大容量の情報を一度に処理することができません。

このため昆虫は、脳以外に頭部、胸部、腹部にある神経節も使って情報を処理しています。
このように昆虫の情報処理システムは分散しているのが特徴で、
脳やそれぞれの神経節がある程度の独立性を持って動いています。


たとえば、昆虫は頭部を切断されても羽ばたきや歩行をし続けることが知られています。
これは、胸部や腹部に残った神経節だけで運動の一部が制御されているからです。
このシステムは、小さな昆虫の素早い運動を支えていますが、
脊椎動物に比べると動きの精密さに欠け、柔軟性も劣ります。




179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 14:53:28.98 ID:s5xD8PfcP
「本能」というのは、生得的に備わっている昆虫の定型的な行動を指しているのだと思います。
たとえば、羽化したばかりで蜜を吸った経験のないチョウに
特定の色紙や匂いを与えると口吻を伸ばしてエサを探し始めます。

この現象は、チョウには生まれつき特定の色や匂いをエサと
認識して探すような行動プログラムが備わっていることを意味しています。

一方、限られたニューロンしかない昆虫であっても
「学習」を通じて行動を変化させることができます。

チョウでは、生得的にさほど好きではない色紙の上で何回か蜜を与えると、
やがてその色紙を見せただけで口吻を伸ばすようになります。

この現象は、チョウが色紙の色と蜜を吸った経験を連合学習し、
新しい行動プログラムを獲得したことを意味します。




180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 14:54:35.50 ID:s5xD8PfcP
「昆虫の痛み」ですが、昆虫などの無脊椎動物には痛覚神経がなく、
痛みを感じないとされています。
一方、彼らは不快な物理刺激・化学刺激を受けると明瞭な逃避行動を示します。
よって、昆虫には痛みを感じる神経はないが、
それ以外の感覚で自らの危険となる刺激を感知していると考えられています。

しかし、実際のところはまだよくわかっていません。



181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 14:58:46.95 ID:poirtLtr0
なるほど、面白いな
上手く進化させていけば、昆虫も愛を持つように進化するかもしれんね
現時点でないとは言い切れないけど



189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/08(土) 15:48:45.65 ID:R501y8M50
宇宙は非常識



吹いた画像・笑える動画・癒し画像スレ『可愛いカワウソ』 年金の払いたくなさは異常
宗教観の低い日本人がなぜか世界一モラルが高い現実 【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『気付いてくれたぁ』
日本刀の名前にしたら一番カッコよさそうな地名 コンビニ店員の俺が客のムカつく行為書いてく
野球って、なんで4番に一番の強打者を置くんだ? 人類は音楽に感動しなくなったの?
【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『余命推定アプリ』 一人で行動するのってそんなに恥ずかしいか?
半沢直樹がヒットした理由を教えてくれ 超スーパー最強に凄い・笑える・癒し画像スレ『美しい風景』
なぜ天才は努力してないのに能力が高いのか 昔、西洋の騎士達がドラゴンや悪魔と戦っていた頃
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧