面白い話まとめ
またここに戻って来てね

=ビワマス稚魚を放流 山上小4年児童=

琵琶湖の固有種「ビワマス」の稚魚4万匹を放流する山上小4年生ら

◇東近江・永源寺
 山上小学校の四年生児童三十八人がこのほど、愛知川上流の支流・和南川にビワマスの稚魚約四万匹を放流した。
 毎年、稚魚を放流している愛知川漁業協同組合と、子どもたちの環境学習をサポートする同小学校、市生活環境課、愛知川塾、東近江お魚調査隊らがタイアップした初の放流体験で、琵琶湖や市内河川の環境に関心を持つことで、ビワマス等が遡上できる健全な水辺環境の保全、復活を目指している。
 ビワマスは琵琶湖の固有種で、サケと同じように生まれ育った川に遡上する習性がある。放流された稚魚は体長六センチほど、四〜六月の増水時に降湖を始め、琵琶湖で四〇〜五〇センチにまで成長、三〜四年後に再び産卵のため放流された川に戻ってくる。
 子どもたちは、ビワマスの習性から水辺環境の大切さを学習し、元気よく泳ぐ姿を見ながら「またここに戻って来てね」「元気で大きくなるんだよ」と話していた。


建部幼稚園の園児 ジャガイモに夢中
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧