面白い話まとめ
少数精鋭で226人動く 近江八幡市人事異動内示

=市長直轄の政策監と政策推進室置く 総合医療センター事業管理者に槙氏=

◇東近江・近江八幡市
 近江八幡市は二十七日、四月一日付けで発令する新年度の人事異動を内示した。異動規模は、市長部局百五十人、教育委員会部局二十九人、総合医療センター四十七人の総勢二百二十六人。内訳は、部長級十二人、次長級十四人、課長級三十三人、課長補佐級四十三人、係長級五十二人など。新規採用四十八人のうち二十四人は総合医療センター診療部門。退職は三十六人。昨年より五十六人少ない少数精鋭の人事配置となった。部長級での女性の登用はなく、
 組織機構改編は、市長部局を六部二十九課(六十一グループ、四室)から七部三十二課(五十二グループ・五室)に再編、市長直轄の政策監と政策推進室を設置し、各部に政策推進室兼務者を置いて政策に重点を置いた。秘書広報課と地域政策課を統廃合して広報企画課を、業務一元化へ都市産業部内に建設課をそれぞれ設置した。また、合併準備室や篠原駅・周辺整備推進室などを設置したが、合併に備えて全体としては大規模な組織再編を控えた。
 教育委員会事務局に金田小学校整備事業など施設整備担当に単独次長を配置。総合医療センター事務部局では直営化に伴い、事業管理課を廃止し、二年間空席だった事業管理者に槙系氏を院長兼務で任命した。厚生労働省と県市町村職員研修センターに各一人を派遣する。
 部長級の異動は次の通り。( )内は前職。GLはグループリーダー。敬称略。
 【市長事務部局】政策監兼政策推進室長(協働政策部次長《政策企画員》)吉田正樹▽協働政策部長兼市町合併担当(都市産業部長)田中栄祐▽協働政策部理事《篠原駅・周辺整備、まちづくり担当》兼篠原駅・周辺整備推進室長(監査委員事務局長)児玉章宏▽行政管理部長(行政管理部次長兼財政課長《経営改善GL》)山田義和▽市民部長(市民部次長兼環境課長兼環境課新施設整備推進室長)森岡孝文▽子ども未来部長(健康福祉部長兼子ども未来部理事併福祉事務所長)木村隆巳▽健康福祉部長兼子ども未来部理事併福祉事務所長(協働政策部次長兼地域政策課長兼地域政策課長《企画政策GL》兼地域政策課長《都市再生GL》兼地域政策課篠原駅・周辺整備推進室長兼企業誘致担当)村井幸之進▽都市産業部長(水道事業所長、水道技術管理者兼市民部理事《下水道担当》)大林喜宏▽都市産業部理事《土木管理・都市計画担当》(都市産業部次長《土木管理・都市計画担当》)竹内國廣▽水道事業所長、水道技術管理者兼市民部理事《下水道担当》(水道事業所次長兼上水道課長)水原弥一
 【合併協議会関連】協働政策部理事《市町合併担当(近江八幡市・安土町合併協議会)》(協働政策部理事《市町合併担当》)松木喜代司
 【総合医療センター事業管理者部局】事務部理事《窓口運営担当》兼医事課長(事務部理事《事業運営担当》)岡田一
 【総合医療センター 医師】兼地域医療担当(兼地域医療課長事務取扱)宮下浩明
 【退職者】(三月三十一日付)北川誠次(協働政策部長)▽石橋利一(行政管理部長)▽大森喜三(市民部長)▽濱田千春(子ども未来部長)▽梅村和夫(協働政策部理事)▽藤野英昭(市民部理事)


秘話探訪 ふるさと報知随想
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧