面白い話まとめ
待望の新校舎完成 日野中学校

=あすから見学会=

全教室を南向きに配置し採光に工夫した新校舎

◇東近江・日野町
 日野町教育委員会は、完成した日野中学校の新校舎を見てもらおうと、四日と五日に「見学会」を行う。
 旧校舎は、昭和四十四〜四十六年度にかけて建設され、昭和六十三〜平成二年に大規模な改修が行われたが、雨漏り被害が深刻化するほど老朽が進み、国の基準と照らし合わせて構造耐力・保存度とも低い危険な状態となり、移動の不便さなど構造上の問題も抱えていた。
 生徒の安全確保を第一に考え、切迫した財政状況の中で平成十九、二十年度の継続事業として校舎改築に踏み切り、同二十年三月から二十一年三月まで一年かけて新校舎が誕生した。
 完成した新校舎(延床面積七千七十七平方メートル)は、鉄筋コンクリート造二階建て。グラウンド側に約二十メートル迫り出す形で、自然光を取り入れるため、普通教室全室を南向きに配置。
 新しく移動式間仕切りを採用したため三教室を一つの部屋として利用することができ、一学年全員が一カ所に集まって学年集会などを開けるスペースが生まれた。
 また、オーディオ設備が整った多目的教室や大きな作品づくりに最適な吹き抜けのある美術室のほか、ソーラーパネルの設置、地下にためた雨水をトイレ洗浄水として活用するなど環境に配慮した設計となっている。総事業費は約十四億円。
 三月中に机やいすなどの引っ越し作業を終え、新学期から新校舎での授業が始まる。
 完成見学会では、一時間ごとに集まった人たちをグループ分けし、同教育委員会職員が校舎内を案内する。集合場所は体育館玄関側。
 開催時間は、▽午前十時(午前九時五十分集合)▽午前十一時(午前十時五十分集合)▽午後一時(午後零時五十分集合)▽午後二時(午後一時五十分集合)▽午後三時(午後二時五十分集合)―の一日五回。参加者は、スリッパなどの上履きを持参する。
 今後、四月から旧校舎の解体工事に取り掛かり、九月までに駐輪場・駐車場の整備工事と外構工事を完了し、その後、体育館やプール改修工事に入る予定。
 見学会に関する問い合わせは、同教育委員会学校教育課(0748―52―6564)まで。


「故郷の医療に君の力を」飯伊出身医へ願い発送
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧