面白い話まとめ
緊急経済・生活支援対策へ 3440万円の補正予算

=ダイハツ工業製の新車購入助成も 竜王町=

◇東近江・竜王
 竜王町議会の臨時会が三日に開かれ、緊急経済(雇用)・生活支援対策費を含む三千四百四十万円を追加する平成二十一年度一般会計補正予算案など、三議案が原案通り可決された。
 この緊急経済(雇用)・生活支援対策は、国や県の経済対策事業を生かしながら、町独自の地域経済活性化と町民の生活支援を柱としている。
 今回の目玉は、▽雇用創出を促す特別推進事業二千百七十万円▽ダイハツ工業製の新車購入への助成五百万円▽住宅リフォーム促進事業三百万円▽定額給付金に伴う竜王町商工会商業振興会のプレミアム商品券への助成百万円―の四事業。
 住民グループ“竜王みらいづくり共創会議”が地域愛用運動を進める中、行政も「暮らしとともにダイハツ車を・・・」をキャッチフレーズに新車購入促進事業を展開する。町民の生活支援とともに、町税収入(平成十九年度)の五一%を占めるダイハツ工業の町内関連製造・販売会社への経済波及効果も狙う。
 助成対象者は、▽農産物生産のための車両使用を目的とした町内に居住する農業者(農産物販売者)および町内で営む農業法人▽町内で工業・鉱業・運送業・商業・サービス業・その他の事業を営む会社または個人で常時使用する従業員が二十人(商業・サービス業は五人)以下の小規模事業者▽小学校就学前の子どもの子育て、また高校生以下の子どもの通学送迎を使用目的とする町内に住所を有する家庭▽退職シニアデビューを目的とする中高年(五十五歳以上)▽福祉車両を購入する町内世帯および町内で営む福祉事業者。
 ダイハツ工業製軽四自動車および普通自動車を、町内の自動車販売店で購入した場合、個人・法人とも一台限り五万円の助成が受けられる。車検の交付年月日が平成二十一年六月一日から十二月二十八日までの新車のみが対象で、先着百台。
 また、住宅リフォーム促進事業では、町内に本社がある法人・個人の施工業者を利用し、六月十五日〜九月三十日の間に▽住宅の修繕・補修・模様替え工事▽防犯機能の付与・強化工事▽公共下水道への接続に伴う工事―を行い、対象要件すべてを満たす町内の住宅に対して工事費の二〇%以内(最高十万円)を助成する。
 今話題の定額給付金については、竜王町商工会商業振興会が地元商業活性化の起爆剤として「プレミアムお買物券」を発行するのに対し、町が百万円を補助する。
 このプレミアムお買物券は、五千円で六千円分の商品券が購入できるもので、七月末日まで町内夢カード加盟店で使用できる。
 このほか、一般会計補正予算案は、▽すこやか支援員事業百七十万円▽教育支援教室事業委託料二百三十万円▽問題を抱える子どもなどの自立支援事業百二十万円▽外国語活動実践研究事業三十万円―など。


下清内路で奉納煙火
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧