面白い話まとめ
イタリアからの国際交流員 ヴァレリオさん着任

=文化交流に貢献したい=

木野和也支所長の歓迎を受けるデ・アクティース・ヴァレリオさん――安土町総合支所で――

◇東近江・近江八幡市
 近江八幡市の国際交流員としてイタリアのデ・アクティース・ヴァレリオさん(32)が、四日着任した。安土町総合支所で木野和也支所長が冨士谷市長に代わって辞令を交付した。旧安土町で平成八年から続けられているもので、ヴァレリオさんで六人目。任期は一年。
 ヴァレリオさんはローマ市出身。ローマ大学の東洋言語学部日本語学科を卒業。平成十一年に約一か月間千葉県でホームステイしたのをはじめ、十八年からは約一年半、京都文化日本語学校で日本語や日本文化を学んだ。今回が三度目の来日。イタリア語・スペイン語・英語・日本語が堪能。天ぷら、すし、さしみが好きで、水泳と料理が得意。趣味の読書は主に探偵小説。
 国際交流員として、国際文化交流協会などが主催するイタリア語教室や国際文化サロンでイタリアの文化を伝えたり、市内の小・中学校で国際理解教育の一助を担う。
 ヴァレリオさんは、「京都で学んでいたときに安土を訪れた。文化交流に貢献したい」と抱負を語った。


高校生が市立病院で1日看護体験
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧