面白い話まとめ
育てる苦労と楽しみ知ってね イチゴ苗をプレゼント

=東老蘇の大林さん 幼・小・中へ=

イチゴ苗の積み込み作業を見守る大林さん夫妻(奥の二人)――安土町東老蘇のイチゴハウス前で

◇近江八幡
 近江八幡市安土町東老蘇の大林正夫さん(57)・正美さん(57)夫妻は九日、子ども達に植物を育てる苦労や楽しみを知ってもらおうと、イチゴの苗を市内の幼稚園、小学校、中学校にプレゼントした。
 安土観葉組合員でもある大林さん方では、ガラスハウスを利用して一昨年末からイチゴの栽培をはじめ、今年も約二千平方メートルのハウス内で「章姫」約七千株、「紅ほっぺ」約三千株がクリスマスの需要シーズンに向けて順調に育っている。
 今年のイチゴ苗は出来がよかったことから、子ども達へのプレゼントを思いついたもので、この日は市教育委員会の職員六人がハウスを訪れ、大林さんから苗の植え方や育て方を教えてもらった上で、三台の軽トラックなどに苗千七十株を積み込み、提供を希望する九園、九校に配った。各校園では、路地やプランターに植えて、育ててもらうことにしている。
 二月ごろに肥料や土の世話をきちんとできれば、半年後の来年五月の連休ごろ、赤い果実が育つ。


10億円貰えるけど世界中のアザラシから命を狙われるボタン
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧