面白い話まとめ
びわこ京阪奈線(仮称)鉄道

=構想の早期実現を決議=

◇東近江
 琵琶湖から大阪湾を結ぶ新たな鉄道路線の実現をめざす「びわこ京阪奈線(仮称)鉄道建設期成同盟会」(会長・嘉田由紀子知事)の総会が二十日、東近江市浜野町のアピアホールで開かれ、構想実現に向けて積極的な活動を進めることを確認した。=写真=
 総会には、同盟会加盟の県と米原・彦根・東近江・近江八幡・甲賀・多賀・甲良・豊郷・愛荘・日野の沿線五市五町の首長と議会議長および選出県議、県選出国会議員、近江鉄道・信楽高原鐵道、京都府南部横断鉄道新線研究会の京都府宇治市・城陽市・京田辺市・宇治田原町・井出町の関係者ら約八十人が出席した。
 総会では、小学生無料招待券、公共交通機関で行くスポーツ観戦推進事業などの実施による既存鉄道の利用促進や、県・沿線市町との協力による安全輸送設備整備事業、京都府南部横断鉄道新線研究会との交流事業に取り組んだ平成二十三年度事業と収支決算を承認。鉄道や沿線地域の活性化に取り組む個人や団体を表彰する「がんばる地域の鉄道応援隊!」、近畿地方交通審議会の次期開催に向けて国との情報交換・沿線地域の開発動向の把握など取り組み強化を図る平成二十四年度事業計画と総額約百七十万円の一般会計予算などを原案通り承認した。


 役員改選では、会長は規約により嘉田由紀子知事、副会長は赤堀義次県議、西澤久夫東近江市長(共に再任)、川添武史多賀町議会議長(新任)の三人のほか、理事十六人、監事二人を決めた。また、県議会議長と県選出国会議員を顧問とした。任期は一年。
 新役員を代表して赤堀副会長が「関西広域連合で知事同士のコミュニケーションをもっている間に、大きく羽ばたけるよう力を発揮していただきたい」とあいさつし、関係機関の協力を求めた。
 最後に、びわこ京阪奈線が(構想路線から)整備路線に位置づけられるよう、各方面に訴え、沿線開発や魅力づくりを進め、構想実現に向けた気運醸成と条件整備に取り組むといった内容を盛り込んだ「びわこ京阪奈線構想の早期実現を求める決議」を村西俊雄愛荘町長が読み上げ、出席者全員が拍手で賛同した。
 「がんばる地域の鉄道応援隊!」(応募五件)には、次の団体が選ばれた。
【最優秀賞】信楽高原鐵道利用促進協議会(甲賀市) 利用促進活動で地域の発展と沿線住民のマイレール意識の醸成に努めた
【優秀賞】清水・小脇街づくり委員会(東近江市)▽愛荘町子ども会連合会(愛荘町)▽大字市ボランティアの会(愛荘町)▽滋賀県立甲良養護学校(甲良町)。


県政NOW 議長就任にあたって〜議会改革のたゆまぬ推進を〜
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧