面白い話まとめ
町の課題どうなる 第2回日野町議会報告会

=議会・議員 活動を解説 住民約50人出席 問題提起=

住民からの議会や町に対する意見も聞いた議会報告会――林業センターで――

◇日野
 日野町議会は十九日、「議会報告会」を町林業センターで開いた。町民に信頼され、公正で透明な、開かれた議会と、議会自体の活性化をめざして、昨年四月に制定した「日野町議会基本条例」に基づいて開いた。今年二月に続く第二回目の開催で、全議員十三人と町民約五十人が出席した。
 第一回開催時に出席者から出された質問に対する説明が不十分だった四件の問題について、▽獣害防止柵の景観への配慮については地域の事情があるので現状を保持しつつ安全面については町当局に問題提起した▽車座懇談会で十分な回答ができなかった質問には後日必ず返事をする、町の対応が平等でないと思われるものは丁寧に説明する▽議会の休日や夜間開催については経費の問題や先行実施自治体の状況などからさらに検討する▽自主防災のリーダー研修開催については町の出前講座が活用できる――と、調査や検討の結果が報告された。
 続いて、二月以降に開催された三・六・九月の定例会と七月の臨時会での議決内容や重要案件、定例会での一般質問状況、今年度予算内容などが、詳しく説明された。
 次に公民館補助金制度の内容、地域活動への町補助や住民負担の不公平感、国民健康保険に関する一般質問の内容、高齢化などに伴う粗大ゴミの収集問題、中学校給食導入に伴う問題点、議員による暴力があったとされる問題など、事前に提出された質問や会場からの意見に議員が答えた。
 ただ、求める説明や回答に至らないものが多く、十分な時間もなかったこともあって、参加者にはやや不満の残る結果となった。


相互の理解深めて安全に 職務質問は怖くない
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧