面白い話まとめ
短大生活造形コース展3日まで 試行錯誤した作品を

 飯田女子短期大学家政学科家政専攻生活造形コースの作品展が3日まで、飯田市小伝馬町の県飯田創造館で開かれている。同コース2年生7人の卒業制作をはじめ、1年生3人が授業で取り組んだ習作、教員3人の作品を展示。染織や洋裁、フェルト、ファイバーアート、イラスト、陶芸、銅版画など、多彩な技法による計77点を並べている。

  日頃の学習成果を公開し、客観的に評価してもらうことを目的に毎年開催。2年生は各自で決めたテーマに従い、授業で学んだ技法を生かして制作した多彩な作品を出品した。

 フェルトで成形したリアルなレッサーパンダや、ロウケツ染めでかわいらしいサメを表現した壁掛け。おとぎ話のヒロインをイメージした衣装や、パーティー用のミニドレス。もじり織りと平織り、ブロックブーケを組み合わせて織り上げた、風をイメージした間仕切りなど。

 10種類のすしをフェルトで立体的に表現した壁掛けと、透ける素材のテトロン紗にさまざまな色の羊毛をパックしてチョウチョの模様を表現したインスタレーションを展示した女子生徒(20)は「どちらもかわいい雰囲気が出るよう、ほっとできる空間になるよう意識して作った」と語った。

 絵本の世界をイメージして制作したフェルトの動物や、銅版画など計5点を出品した女子生徒(19)は「卒業制作なので、レベルアップしたいと取り組んだ。デザインに時間をかけ、展覧会ぎりぎりまで制作して納得できるものになれたと思う」とした。

 同コースの講師は「2年生は、一人一人が自分の作りたいものがどうすれば形になるか試行錯誤し、頑張って制作してくれた。きれいにまとまった人や、斬新なアイデアの人もいて、それぞれの個性をうまく出せている」と評していた。

「近江八幡の水郷」など 県教委「水の宝」を選定、パンフに
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧