面白い話まとめ
地球温暖化防止 学童保育で環境学習

=ムダ探しと食べ物選び=

◇日野
 日野町立桜谷小学校の放課後子ども教室(学童)で二十一日、「地球温暖化防止のための環境学習」が開かれ、一年から五年生児童二十一人が参加した。
 県内の小学生を対象にした県地球温暖化防止活動推進員による教室で、県の指定を受けた県地球温暖化防止活動推進センターが学習教材を製作し、委嘱された約百人の推進員が依頼先を訪れ、三〇〜四〇分間の学習会を実施している。年間百か所以上の実績がある。
 教室では、四人の推進員が指導にあたり、「買い物ゲーム」で、環境にやさしい食べ物選びを体験したり、「ムダッチをさがせ」では、絵で描かれた家の中の電灯の消し忘れなどエネルギーのムダを探して印をつけるなどした。
 推進員の中野他家子さん(同町上野田)は「ゲームで楽しく考えて、身につけてもらえればうれしい。学習を通して、将来のための環境保護の心を養ってもらえるよう、推進員の皆さんと活動を広げていきたい」と意欲を燃やしていた。


スプリングコンサート 若者たちの吹奏楽の祭典
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧