面白い話まとめ
統計出前授業 データで学ぶ竜王町

=竜王小5年生=

自分たちの町の統計を学ぶ児童たち

◇竜王
 竜王町立竜王小学校の5年生(67人)を対象に18日、情報データや統計資料を正しく理解するための「統計出前授業」が行われた。
 身の周りにある情報の中から生活に活かすことができる統計的なデータなどの見方や考え方を育むことを目的に、昨年から講師を派遣し県内各小学校で開かれている。
 同校では、講師の統計教育嘱託員・小松正明さんから竜王町の昨年のデータをグラフに表した資料をもとに農業や人口、平均気温などについて説明を受けた。
 データは折れ線グラフや棒グラフ、円グラフなどで表されており、同町では昨年8月の平均気温が年間を通じて一番高かったことや、9月には雨が多かったこと、田んぼの全面積が少しずつ減ってきていることなどを学び、小学生による「統計グラフコンクール」が行われていることも知った。
 岡谷結衣さん(10)は「算数でグラフを勉強しています。いろいろなグラフをみて勉強になりました」と話していた。


全国大会で団体3位 朝桜中学ソフトテニス部
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧