面白い話まとめ
第59期消防職員初任教育入校式 消防人へ50人が決意新た

=滋賀県消防学校=

入校生代表で宣誓する小松さん

 【東近江】 平成30年度第59期消防職員初任教育入校式が9日、滋賀県消防学校の錬成館(東近江市神郷町)で行われた。県内6消防局・本部で新規採用された18歳から26歳の50人が入校式に臨み、消防人としての決意を新たにした。
 今年は、大津市消防局に5人、湖南広域消防局に21人、甲賀広域行政組合消防本部に6人、東近江行政組合消防本部に6人、彦根市消防本部に9人、高島市消防本部に3人の計50人(男47人、女3人)が入校した。
 入校生は9月27日までの6か月間、消防職員として必要な幅広い知識と技術に加え、強靱な体力と精神力を育む厳しい鍛錬を全寮制で送る。
 式では、岩田純二学校長や、松野克樹滋賀県防災危機管理監が入校生を激励。来賓の植田和生滋賀県消防協会会長、伊藤善紀滋賀県消防長会会長も祝辞を送った。
 入校生代表として小松夏海さん(甲賀広域行政組合消防本部)が、「立派な消防人となるため日夜、勉学、訓練に精励することを誓います」と力強く宣誓した。


東近江市を新拠点に翔び発つ!!株式会社アテクトの決断
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧